スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームマーケット2014秋 レポその1

こんばんは、アヤジロです。
一般参加者の皆様も、出展者の皆様もゲームマーケットお疲れ様でした!
蜜健会としては二回目のゲームマーケットでしたが、今回も非常に楽しかったです。
今回はちょっとしたレポを。

「前日」
多くの出展者様が出展準備を終えて悠々とゲームマーケット前日ゲーム会で交流なさっているであろう15日、蜜健会一同は積み重なった作業の山を必死にこなしておりました。
 ・コンポーネントの箱詰め
 ・袋詰め
 ・ブース設営準備 
 ・試遊卓で使う説明書作成 などなど。

予定では当日に備えて0時には作業を終わらせて寝るつもりでしたが、あれよあれよという間に午前四時。
後半は「眠い」「眠い」の大合唱でしたがなんとか終了。
ただ、やはり深夜作業は集中力が切れるようで、梱包内容についてダブルチェックをしたつもりが説明書が入っていない箱があったりと、購入して頂いた方に大変申し訳ないことをしてしまいました。
次回以降はこのような事態が絶対に起こらないような作業体制で臨もうと思います。

売り子をやってくれたT君やライチはさすがに二時間ほど寝ていましたが、その後も僕は徹夜で当日に試遊卓で使用する為の「簡易版説明書+基本戦略」が書かれたインスト用説明書を作成。
ここで全員が寝ると、たぶん全員起きれずに大遅刻をかますだろうなぁと思ったので。
そういうメンバーです。

「出発〜到着」
朝もバタバタ。風呂に入ったり、なんとか作成し終えたインスト用シートを印刷をしたり。
荷物は大きめのバッグを全員が二つずつ。郵送してあると楽だったんだろうなぁ。
武蔵小金井駅から7時の電車に乗り、出展者入場の08:30ちょうどに現地着。
行きの電車の中では、スーツケースを持っている人が全員出展者に見えてドキドキしていました。
「見えて」というか、実際そうだったのだとは思いますが。
会場に着いた頃には入場待機列は見かけませんでしたが、どこかに移動した後だったのかな。


「ブース設営」
「開場の10時まで一時間半もあれば、実際なんでもできるっしょ」などと思っていましたが、甘々でした。
ブースの飾り付け方などをなにも考えずに行ったので、終始てんてこ舞い。
むちゃくちゃテンパっていたので、サークル員の2人にも周りの出展者の方にも無意識にご迷惑をおかけしていた気がします…。
意識したご迷惑としてはヴォルビックを盛大に荷物スペースにぶちまけてしまいました。誰の荷物にもかからなかったのが不幸中の幸い。
隣のブースの『パプリカスタジオ』の方がタオルを貸してくださり、人の温かさに触れました。
その節はありがとうございます。非常に助かりました!!
そして、その後も二回も飲み物をこぼしてしまい申し訳ありませんでした…。

もう片方のお隣さんである『おさブラ』さんの話題作「KAMIZA」はすごく気になっていて、でも「隣だから開場前に一つ売ってもらおう!」とか思って予約していなかったのですが、当日販売分は15個くらいしか残らなかったとのこと。
さすがに残り少ないゲームをそうやって買うのはアレかと思ったので泣く泣く諦め。

本当はこの準備の時間にTwitterで知り合った方や気になるブースにご挨拶に向かおうかと思っていたんですが、そんな暇があるはずもなく。無慈悲にも鳴り響く、開場を知らせる拍手の音。


「開場」
開幕した瞬間に皆さんすごい勢いで(でも走らずに)お目当てのサークルに向かっていました。
去年は開場してから15分後くらいにしかブース前に人が来ない状態でしたが、
今年は真っ先に蜜健会に足を運んでくださる方もいらっしゃって感動。

列形成がすごいことになっているブースもあったそうですが、そんなことも目に入らないほど、お客さんへの対応とまだ終わっていないブース準備に掛かりきりでした。

予約リストは前日まで舐めるように見ていたので、ご予約の方が名前を言ってくださる度に「この人が!あの!○○さんか!」と思っておりました。気持ち悪くてすみません。なんやかんやで、予約の際に書いてもらった合い言葉もほぼ全員分暗記しておりました。「合い言葉が××の方ですよね!」とか言ってすみません。それじゃ合い言葉の意味がない。


「開場1時間後」
朝感じていた眠気も、すっかり会場の熱気によって吹き飛んでいます。
「はらぺこおばけ」作者のライチくんは早々に試遊卓の方に向かって一生懸命ゲームの説明(インスト)をしていました。
僕はというと、ほぼ初めての経験である「全くの初対面の人にゲームを説明してプレイしてもらう」ということにちょっと尻込みをしていたのと、やはり自分の作ったものが買ってもらえる様をこの目で見たい!という気持ちで販売ブースの方に引きこもっておりました。

しかしライチが「What's Your Magic?」の方のインストもしてくれているのを見てさすがに申し訳なくなり、ついに試遊卓へ赴きます。

「その2」へ続く) 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。