スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没ゲーム案1「なにがどうすりゃ桶屋が儲かる」

ゲームマーケット2014秋に向けて、
みくるとアヤジロが作ろうとして作らなかった「なにがどうすりゃ桶屋が儲かる?」というゲームの紹介です。

「最高にキャッチーでポップなゲーム」ってどんなゲームなんだろう、という話を二人でしている内にこのゲームは生まれました。
とりあえず「桶屋を儲からせる」というテーマに関しては、最高にキャッチーな気がします。
元ネタは言わずもがな、ことわざの「風が吹けば桶屋が儲かる」。
まだ制作を完全に断念した訳ではないので、そのうちひっそり作ってこっそり売ってるかもしれません。


『なにがどうすりゃ桶屋が儲かる』
d00e76a48e3be97aaa1019cebfdd4018.jpg
【ストーリー】
あなたたちは桶屋です。
このご時世、なかなか桶の需要などあるはずもなく。
お店では毎日のように閑古鳥が鳴いています。

「売れない桶を眺めながら、ため息をつく毎日はもう嫌だ。」
「ことわざみたいに、風が吹いたからって桶が売れるわけもなし。」
「一体なにがどうすりゃ桶屋は儲かるってんだ」

というわけで、知恵を絞って考えてみましょう。
なにがどうすりゃ、桶屋は儲かる?

【システム】
ランダムに引かれた「出来事カード」(例:風が吹く)で提示される出来事に対して、
各人が手持ちの「ものカード」(例:ネズミ、三味線)に描かれたものを使ってストーリーをつなぎ、
最終的に桶屋が儲かる方向に誘導できたらポイントが入ります。
しかしプレイヤーの中には、桶屋の商売敵である「バケツ屋」や「バスタブ屋」が潜んでいる可能性も。
彼らは桶屋のふりをして、様々な方法で桶屋を潰そうと画策します。
果たして桶屋は無事に儲かることができるのでしょうか。


みたいなそんな感じです。

実際かなりプレイできそうなシステムまで近づいていたんですが
主に「カードイラストを二人とも描けない」という理由で製作を断念。
抽象度の高いアイコンみたいなものならばなんとかならなくもないんですが、
このゲームだとかなり具象度の高いイラストを大量に描かないといけなそうなので。
どこかから素材を引っ張ってくる形にしても、絵のタッチを揃えるのがかなり難しそうですし。

システムとしては冒頭に書いたもの以外だと
・桶屋の他にも八百屋や魚屋を儲からせる
・プレイヤーに固有の職業が割り振られ、その能力を活かして桶屋を儲からせる

小ネタとしては
・判定する時は「おーけー」か「のっとおーけー」を発声
・OKEYAサイドとIKEAサイドに分かれてバトル(IKEAサイド超有利)

とかまぁ色々考えてました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。