スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルお題カードの仕様について

■オリジナルお題カードとは
「オリジナルお題カード」はお送りいただいたお題*4を印刷した世界で一枚だけのオリジナルカードです。
1つのお題につき枠色と名入れを1つずつ指定できます。

■仕様
・お題:全角50字以内。「しかし、」が含まれる場合は該当部分を赤字にいたします。
・枠色:赤/青/緑/オレンジ/紫/水色/白/黒から1つ。製品版のカードで使用している色は青とオレンジ。指定がなければスタンダードに。
・名入れ:アルファベットのみ、14字以内。大文字小文字どちらも使用可。無い場合は無記入。

青・オレンジ  緑・赤

紫・水色  白・黒

■テンプレート
各要素の指定には以下のテンプレートを使用してください。
お題1~4それぞれの位置は以下の画像を参考にしてください。お題位置

ーーーーーーーーーーー
【お題1】
お題:
枠色:
名入れ:

【お題2】
お題:
枠色:
名入れ:

【お題3】
お題:
枠色:
名入れ:

【お題4】
お題:
枠色:
名入れ:
ーーーーーーーーーーーーーーーー

■申請
支援募集終了後こちらからメッセージをお送りしますので、テンプレートに記入したものを添えて返信してください。
15000円のアルティメットパックでご支援頂いた方は二枚分のお題をお送りください(お題は同一でも構いません)。
期日は3/7(火)の22時です。
(特別発注ということもあり期日までの期間が非常に短くなっております。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。)

■その他
・オリジナルお題カードは印刷ラインの都合上、通常カードと比べて色みなど若干の違いが生じる場合がございます。極力差異が生じないように努めますが、予めご了承ください。
・なにか質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
スポンサーサイト

『マジョリティパーティー』がゲームマーケット2016神戸新作アンケートで5位に選出されました!

ゲムマ2016神戸新作アンケートで『マジョリティパーティー』が5位に選出されました!!
やったー!!

とてもうれしいです。投票してくださった方、本当にありがとうございます!
まさかこんな上位に来るとは思っていなかったのでめちゃくちゃびっくりしました…。
いろんな方に楽しく遊んでいただけているのかなーと考えるとほくほくです!

『マジョリティパーティー』は次のゲムマ春でも頒布いたしますので、どうぞよろしくお願いします!

ゲームの紹介はこちらから!
取りおき予約も既に開始しているのでよろしかったらどうぞ!
予約フォーム

『マジョリティパーティー』紹介

宣伝用箱3D反射影


3~10人、インスト1分。誰とでも盛り上がれる!
勝負を決めるのはみんなの「価値観」!
究極の質問に答えて多数派を目指すパーティーゲーム!


 
■基本情報
『マジョリティパーティー』
人数:3~10人
時間:10~15分
年齢:10歳~
デザイン:ライチ(@gamelychee
イラスト:ムッシュ

 
■概要
プレイヤーの目の前にあるのは、押すと<うれしい事>と<いやな事>の二つが起こる不思議なボタン

「毎日1万円を手に入れる。しかし、毎日ラーメンを一杯食べなければならない」
「5000円以下の物がタダで買えるようになる。しかし、5000円以上の物が買えなくなる」
「告白に絶対成功するようになる。しかし、生涯であと三度しか告白できなくなる」」…etc.

あなたなら、押しますか?押しませんか?
究極の質問に答えて多数派を目指す!新感覚パーティーゲーム!

 
■説明書
説明書 

■内容物
カード50枚(160題)
チップ50枚
説明書

S__22118402

新作『マジョリティパーティー』をゲームマーケット2016神戸で頒布します!

ライチです。
新作ゲームマーケット2016神戸で頒布することが決定しました!

タイトルは『マジョリティパーティー』です!

3~10人で遊べるゲームで、パーティーゲームかコミュニケーションゲームに分類されるのかなと思います。

箱3D反射影黒背景

↓ゲーム概要



プレイヤーはまず【ボタンを押すと起こること】(=お題)を聞きます。
そして「自分なら押すかどうか」を考えます。

例えば、こんなお題が出ます。
【毎日2万円を手に入れる。しかし、毎朝ラーメンを食べなければならない】

全員が押すかどうかを決めたらせーのでオープン。
多数派のプレイヤーは得点、少数派のプレイヤーは失点します。
これを繰り返し、最もポイントの多かったプレイヤーが勝利です!

「絶対にみんな押すでしょ!」と思っても少数派になったり、「こんなの押す人いるの?」と思ったらみんな押してたり…
「十人十色」というコトバの偉大さを思い知るゲームです。




とりあえず今回はここまで!
次回は実際にゲームで使う画像を交えてもっとくわしく紹介したいと思います。

また、@gamelycheeでいろいろつぶやいてたりするので、気軽にフォローして下さい。

ではでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。